〒600-8091京都市下京区元悪王子町55-2-1 山一セントラルビル2階

【重要】ご来店日について(コロナ感染拡大防止期間の場合はご予約が必要になります。)

足を測定してシューズを選ぶ場合、必ず、遅くとも前日までにお問い合わせください。たとえ営業日であっても、事情により測定や選定ができない場合があります。特にご遠方からお越しの場合、この事前のご確認はとても重要です。

土曜・日曜や祝祭日は混み合う場合があります。お越しの際は時間的余裕のある日をお選びください。

その方の足の状態によって、候補のシューズを選定するまでに要する時間が違います。かなりの時間がかかる場合がありますので「ご予約」という形式で順番の確保を承っておりません。あらかじめご了承ください。

トゥシューズであれ、バレエシューズであれ同様の方法で測定します。このため、バレエシューズをご希望の場合でも測定は順番になります。

【お願い】以下のものをお持ちください。もし、お持ちでない場合は当社でご用意できます。

・試着用のタイツ・・・・・・バレエシューズやトゥシューズのフィッティングにおいて、つま先を出したりタイツを履いたりといった作業を頻繁にお願いすることになります。このため、ひざ下くらいの短いバレエタイツが理想的です。もし、古いタイツをお持ちの場合はひざ下くらいでカットしたものをご用意ください。穴あきタイツでも構いませんが着用してご来店いただかないと着替えていただくお手間がかかります。どれもお持ちではない場合は当社でご用意します。

・トゥパッド・・・・・・トゥシューズのフィッティングにおいてトゥパッドが必要です。もし、すでにトゥパッドをお持ちの場合は、いつもは使用されていないものも含めてすべてお持ちください。使い古したものであってもすべてお持ちください。 

当社では理由により、トゥパッドの使用をおすすめしています。もし、トゥパッドなしでの着用を考えていらっしゃる場合は最初にお申し出ください。

・現在使用中のトゥシューズやバレエシューズ・・・もし、お荷物にならなければ現在使用中のトゥシューズやバレエシューズをお持ちください。どのような癖が身体に染みついているか予想や指摘ができます。もし、シューズをご持参いただけない場合は、シューズの名前、サイズなどの詳細をメモしてお伝えください。

駐車場

コインパーキングをはじめ、付近には多くの駐車場がありますが当店の契約駐車場は申し訳ございませんがご用意しておりません。

なお、付近は一方通行が交錯しており、必ずしも最短距離でお越しいただけません。詳しくは当サイトの地図やネットの情報でご確認ください。

綾小路(あやのこうじ)通りは西行き一方通行、東洞院(ひがしのとういん)通りは南行き一方通行です。したがって、烏丸(からすま)通りから綾小路(あやのこうじ)通りへは進入できません。また、横断禁止ですので、四条通り東行き車線から東洞院(ひがしのとういん)通りへ進入できません。

7月中旬ごろになると、祇園祭のため交通規制が敷かれます。その期間、時間帯によっては付近の駐車場へ入ることも出ることもできなくなりますのでご注意ください。

なお、近い将来、近隣の四条通りは一般車両が通行できなくなります。

 

交通機関のご利用

地下鉄の最寄り駅「烏丸(からすま)四条(しじょう)」の出口は3番出口です。

この地下鉄3番出口は改札を出てすぐにUターンしなければなりません。地下鉄3番出口は見つかりにくいですので、必ず改札口で駅員にご確認ください。なお、3番出口はいくつかあっても、地下鉄3番出口はひとつだけです。

地下鉄3番出口は階段の出口です。階段を上りきり、地上に出たらあまり動かずにすぐ左の細い道にUターンしてください。その 細い道が綾小路(あやのこうじ)通りです。目の前の広い道路を横断したり、左に折れてそのまま、まっすぐ進んでしまったりしないでください。

綾小路(あやのこうじ)通りに沿って数分歩くと小さな四つ角にあたります。その四つ角の向こう側(東側)の左側(北側)のビルの2階に当店があります。ビルの1階は美容院CORE(コア)です。そのビルの側面(南側)に2階に上がる入り口があります。なお、当店は看板を出しておりません。

たとえば、京都駅からタクシーをご利用いただくのも便利な方法のひとつです。ただし、行き先の名称には特にご注意ください。綾小路(あやのこうじ)東洞院(ひがしのとういん)のカドと告げていただくと、当店の入り口付近に到着できるのですが、この綾小路(あやのこうじ)をウッカリ、姉小路(あねやこうじ)と早合点してしまう運転手が少なからず存在します。姉小路東洞院というところは、徒歩数十分離れたところにあります。

姉小路(あねやこうじ)ではなくて、綾小路(あやのこうじ)に行きたいので間違えないでください、という風に念を押されることをおすすめします。

地図